今年のまとめ

今年も残すところあと2日となりました。

最近、特に思うことだけど、ホントに年の経つのが早いですね。
楽しいことよりも、厳しい感じが多かったようにも思いますが、
来年は好転するようにと思っています。

さて、今年の初めに、目標を立てていました。検証しましょう。

------------------------------------------------------------------------
【2016年の抱負】

>1、定期的な運動と減量-2キロ。
× +2キロ 勤務地異動で歩数が激減。 あと、夜のおやつが・・・  

>2、食生活の改善。大盛り禁止、缶コーヒーも禁止。
△ 缶コーヒー購入ゼロは達成。大盛りはダメ。

>3、部屋の整理。いわゆる断捨離。
× 未だ途中

>4、骨董品(和ガラス)の充実 型吹ガラスを中心に。
〇 お気に入りも増えました。

>5、ヒスイ採集 3度は行っておきたいなと。
× 今年はなし。先日の火事も残念でした。

>6、研磨のスキルアップ 水晶以外へのチャレンジ。
〇 前半は結構頑張りました。

>7、蝶観察。オオイチモンジ、クモマツマキチョウなど
〇 オオイチモンジは良かったです。

>8、野鳥観察 通勤途中の観察も含めて・・・。
× 全然できてないですね

>9、雲の写真 、レア現象の撮影をしたいが・・・・
× これも、ぜんぜんできてないですね

>10、環境系の資格へのチャレンジ 
〇 公害防止管理者(大気1種)を受験。6科目中5科目は合格。勉強時間も考えると善戦かな。

------------------------------------------------------------------------

骨董のほうも整理しましょう。

◇骨董市: 58回 (17ヵ所)
◇コップ:  80客(骨董市39、オークション36、骨董店5)

結構行っていますね。そして買いすぎかもな?

<月別集計>
6月、9月は雨の影響。11月、12月は用事が重なったことが影響かと。

20161229-01-1.png

<骨董市毎集計>
大きな骨董イベントが多くなっていますね。
骨董ジャンボリーは購入数がダントツだけど、規模からみれば納得。

個人的には、目白コレ、西荻骨董好き祭り が好きです。

20161229-02-01.png

来年は、関西方面や骨董店も行ってみたいですね。

以上、2016年でした。
スポンサーサイト

コップの赤青緑

相変わらずのコップネタです。

集め始めたころは、「透明系を中心に」と思っていたのですが、
恐ろしいことに、次第に守備範囲を広げてしまっているようなのです。

<色々なコップ>
20150712-01.jpg

まだまだ増えていきそうな予感・・・・・

-----------------------------------------------

先日、骨董屋さんより、以下のお言葉をいただきました。

「このコップはお客様が長年お集めになっていたコレクションです」
「今、若い方に引き継がれてご満足のことと思います」

骨董品を手元に置く意味を少し見つけた気がしました。

補足:「若い方」→もちろん相対的にですよ




京都・大阪 骨董めぐり②

翌21日は、2つの大きな骨董市が開かれます。

上空の寒気の影響で、朝方は激しい雷雨で、やや心配となりましたが、
まずは東寺から。

<東寺弘法市>
20150624-01.jpg

弘法市は空海の月命日21日に行われる御影供のことで、東寺では1300店もの露店が並ぶそうです。
今回は、あいにくの天気で、お店は少な目とのことでした。
京都ということもあって、塗り物も多めに感じました。

<境内のハス>
20150624-02.jpg

あと少しという感じ。

結構疲れてきているのですが、もうひと頑張りして、四天王寺に向かいます。

<四天王寺大師会>
20150624-04.jpg

四天王寺も真言宗ということで、空海が開祖となります。
したがって、21日が御影供です。

広い境内には、300店余りの骨董関連の出店が出ています。
ゆったりしているし、品物のジャンルも幅広くて、楽しい感じです。
大阪弁のやり取りには、ビビりましたが、それもまた良し。

この頃には、すっかり天気も回復しました。
夏の扉が一時、開いた感じかな。

<梅雨の晴れ間>
20150624-03.jpg


さて、京都大アンティークフェアも合わせて、今回の購入品をアップしておきます。

<コップ類>
20150624-05.jpg

左奥より
・プレスコップ(昭和の初め?)
・型吹きコップ(昭和?)  ピンク色の幾何学模様が面白い アデリア? 驚きの200円 
・型吹きコップ?(明治)  明治と記載の元箱に収められていたと御店主。これは良い物だ。

左前より
・酒杯 10角(明治)     気泡、溶け残り多数。 ずしりと重い。
・梅型コップ(大正)     型吹きの上底が魅力的
・ウランコップ(大正~)   蛍光も良し

色々なコップに、大満足でした。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

さて、前回の解答ですが・・・
左が800円。右がその5倍です。
個人的に気に入っている方が高くて、なんだか安心。

製法については、私の勉強不足で、語れるレベルになさそうなので、
少し出直すこととします。

さて、明日から平和島が始まってしまうな~。

今週のコップ

今日は有楽町で開催の大江戸骨董市経由で、西荻窪の骨董店めぐり。

骨董店へは、最初は入りにくかったのですが、もう大丈夫になりましたよ。

色々なお店の方に、ガラスコップについて聞いてみると、答えはほぼ同じ。
「良いモノが少なくなった」、「高くなった」、「偽物もある」
鉱物標本と同じだ!

「小さ目の型吹きを探しています」と伝えると、「大変なことを言う人だね」とのこと。
また、お店に入荷したら連絡をくれるとのことで、楽しみです。

その後、別のお店で、型押の小さく綺麗な剣先コップを発見。そして購入しました。

<剣先コップ 明治後期頃> 
左:62mm(購入品)、右:73mm(数週間前に購入品) 
20150215-01.jpg

お店の方によると、小サイズは70mm程度が普通で、今回の60mm程度はとても珍しいとのこと。
祭事用などではないかとのご推測でした。

剣先コップは大きなものは90mm程度のものがあるのですが、小ぶりのサイズの方が、
手に収まりがよく、かわいらしい感じがしています。

<剣先とは>
20150215-02.jpg

剣先コップの「剣先」というのは、この模様のことで、そのまま剣の先っぽの形です。
明治頃のグラスは、この凹凸が大きいのが特徴です。

<上から覗いてみると・・・>
20150215-03.jpg

これはこれで楽しめます。

ブルーグラス

昨年末から、ヤフオクやebayでガラス製品を定期的にチェックしています。

入札まで至るのは少ないのですが、入札するときはいつも同じ人達と競り合っているようです。
不思議な感覚です。

今年初の落札はコレ。

<ブリストル ブルーグラス>
20150128.jpg

1830年ころのブリストル社のグラスです。
高さ88mmで全体的にデフォルメされたデザイン。
そして、この深い青、いや、藍色が印象的です。

ラピスラズリの青、オオルリ、コルリの青、外洋の海の色などを彷彿とさせます。

とても良いものを入手した気分です。
カウンター
ようこそ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

senga8036

Author:senga8036
川崎市在住の♂です。
某光学機器メーカに勤務。

野鳥、鉱物、気象が主なテーマ。
蝶、仏像、多面体、構造色も好きです。

オカヤドカリも飼っています。

リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-